GINZA TENSHODO SINCE 1979 MODEL TRAIN

 

ED73形

発売日
1999年4月
価格
¥191,100(税込)

商品説明

ED72形とともに登場したこの機関車は、1962(昭和37)年から1963(昭和38)年にかけてED72 形と同数の22 輌が落成しま した。貨物専用機設計のED73 形はSG が省略されたことにより、全長がED72 形より約3m短い14400mm となりました。車軸配置は中間台車のないB-B です。ED72 形とは多数の共通部品を使用し同じ東芝で製造されましたが、外観的には側面エアフィルターの形状等に差異をみることができます。また車体前方にはりだしたパンタグラフもED73形の特徴です。1968(昭和43)年より10000 系列の高速貨物列車牽引に対応するための改造が施され全機1000番台に改番されました。外観の変更箇所は正面のエアーホース、ジャンパー栓受の増設に留まっています。貨物列車のほかSGを必要としないブルートレインの牽引も後に担当。鹿児島本線を走る「あさかぜ」「さくら」等もED73 形のお世話になっていました。その後、EF70 形の北陸から門司機関区への転入をきっかけに廃車が始まりました。さらに1980(昭和55)年末からのED76形の増備で引退が進み1982(昭和57)年に全機廃車となっています。
天賞堂初のED73 形は高速列車牽引対応の1000 番台をモデル化、現在の天賞堂製電機の標準仕様であるTA ギヤシステム・定電圧前照灯・LED尾灯等の採用は勿論、エアフィルターの内側にもウェイトを装備することにより牽引力の向上をはかりました。

関連コンテンツ

  • TENSHODO Style
  • 天賞堂製品ミュージアム
  • エバーグリーンショップ在庫情報
  • いちかわのWorld Railroad
  • 天賞堂コンシェルジュ
  • 天賞堂製品取扱店リスト
PAGETOP
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報について
  • 法規に基づく表記 
  • サイトマップ
日本鉄道模型連合会 会員 copyright© TENSHODO all rights reserved.