GINZA TENSHODO SINCE 1979 MODEL TRAIN

 

ED76形 3次型

価格
¥179,000+税

商品説明

国鉄ED76交流電気機関車は、1965(昭和40)年に九州電化用として1~8号機(1次型)、続いて1967(昭和42)年に日豊線大分電化用として 9~30号機(2次型)が、1970(昭和45)年に増備として鹿児島電化用に31~54号機(3次型)が製作されました。その後55~94号機(4次型)や 1001~1023号機高速型、北海道用として500番代が登場し、形式としてはバラエティーに富んでおります。単機運転のため、前面非貫通型となり、列車暖房用の蒸気発生装置SG3Bを積載、空気バネ式中間台車により動軸重を4段階に可変出来るようになっております。

3次型から下枠交差型パンタグラフPS102が使用されています。また3次型は屋根上機器の空気遮断器付(31~48号機)と真空遮断器付(49~54号機)の2つにわけられます。

今回製作いたしました3次型は2種類の遮断器を作り分けいたしました。

模型仕様
前照灯定電圧点燈、フライホイール付。
PAGETOP
一般社団法人日本鉄道模型協会 会員 copyright© TENSHODO all rights reserved.