GINZA TENSHODO SINCE 1979 MODEL TRAIN

 

ED79形 50番代 2次増備車

発売日
1999年11月
価格
¥188,000+税

商品説明

1989(平成元)年、増加する青函トンネルの貨物輸送量を補うために、J R貨物初の新製機トリオ(EF66形100番代・EF81形500番代)の一機種として登場したのがこのED79形50番代機です。基本的な構造は0番代車を踏襲していますが、0・100番代の使用実績をもとに各部を改良しています。外観上で大きく変わった点は、JR貨物塗装・つらら切り(ひさし)の取り付け・傾斜の付いた前面窓等があげられます。特に塗装は、後期増備車には腰部に青帯が追加されており、同じ50番代車でも違った雰囲気をかもし出しています。貨物列車がメインの50番代車ですが、運用の都合などで旅客列車も牽引します。また青函間専用機と思われているED79形ですが、長駆五稜郭~仙台間の貨物運用にも使用され、東北本線を重連で驀進する姿も見られます。
今回はこの50番代車を、一次・二次増備車で模型化、0・100番代車とは違う前面窓周辺や屋上機器、前期車・後期車のカラーリングの違いなどを忠実に再現いたしました。地味なイメージのあるこの機関車ですが、貨物機ファンには押さえて頂きたい車両です。

模型仕様
・屋上機器を一部新製・一体圧延車輪新製・走行システムはTAギヤ・ヘッドライトは定電圧回路・テールライト点燈
(LED)・ナンバーは1次型、51・52・54号機、2次型、55・58・60号機(全機東芝製)

関連コンテンツ

  • TENSHODO Style
  • 天賞堂製品ミュージアム
  • エバーグリーンショップ在庫情報
  • いちかわのWorld Railroad
  • 天賞堂コンシェルジュ
  • 天賞堂製品取扱店リスト
PAGETOP
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報について
  • 法規に基づく表記 
  • サイトマップ
日本鉄道模型連合会 会員 copyright© TENSHODO all rights reserved.