GINZA TENSHODO SINCE 1979 MODEL TRAIN

 

EF61形 2灯式

発売日
2000年6月
価格
¥135,000+税

商品説明

この機関車は1961(昭和36)年に山陽本線の電化用として、EF60形を基礎に開発された旅客用新系列電機で、18輌が川崎(1~10号機)、東洋電機-汽車会社(11~18号機)で製造されました。
EF60形の第1次量産機に列車暖房用の蒸気発生装置を積み、歯数比を変更して、EF58形とほぼ同等の速度、引張性能を持たせた車輌となっております。
車体がSG・水タンク等のため、EF60形より1,600mm長くなり、目新しい側面明り窓とエアーフィルターの配置で、非常に新鮮な感覚で旧国鉄の茶色塗装がよくマッチしてさっそうと登場し、全機、宮原区に配置され特急牽引に活躍しました。その後、青色塗装に変わり1968(昭和43)年に全機、広島に移り下関~浜松間の荷物列車等に使われましたが、1984(昭和59)年に惜しくも全車、廃車となっております。
最終的にはEF60形と共に一部の車輌が2灯式シールドビームライトに改造され、EF60形、EF61形等に一時期みられました下枠交差型のPS22Bパンタグラフ取付け車も現れましたが、その後、PS17に戻った車輌もあります。
また、今回は実車が駆動装置を改造したためスポーク車輪とボックス車輪が変則的な使い方になったため、その形で模型化し、山陽本線瀬野~八本松間で特急電車を押し上げ、走行解放を行うため空気シリンダーも取付けております。

関連コンテンツ

  • TENSHODO Style
  • 天賞堂製品ミュージアム
  • エバーグリーンショップ在庫情報
  • いちかわのWorld Railroad
  • 天賞堂コンシェルジュ
  • 天賞堂製品取扱店リスト
PAGETOP
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報について
  • 法規に基づく表記 
  • サイトマップ
日本鉄道模型連合会 会員 copyright© TENSHODO all rights reserved.