GINZA TENSHODO SINCE 1979 MODEL TRAIN

 

EF62形 2次

発売日
2001年11月
価格
¥185,000+税

商品説明

EF62形は信越本線横川~軽井沢間の急勾配区間をアプト式から粘着運転への転換と長野電化に備え全線を通して運転する本務機関車として唯一のC-C形台車を使用して製造された機関車です。また、同時期に誕生したEF63との重連協調運転が出来る構造になっています。
第1号機は1962(昭和37)年に誕生し、各種のテストが行われ量産車輌が製造されました。
EF62形は2~24号機と25号機以降では外観が異なり前期型後期型と区別されます。
今回模型化いたしましたのはエアフィルターがパンチプレート式、運転室側窓は車端側のみHゴム支持に、避雷器も車体中心の車端側に移し、車体裾部側梁の接合部が車端よりに変更された後期型に属するグループです。
これらのEF62形は信越線の客貨両用機として活躍してきたが、1984(昭和59)年に半数の26輌が下関区に大移動し、EF58形に代わって東海道・山陽本線で荷物列車の先頭にたつようになりました。信越線に残ったEF62形も貨物列車を中心に活躍し、1990(平成2)年にはEF63形との協調運転用にC'無線アンテナが取付けられました。

今回は3タイプのEF62形を模型化いたしました。
タイプ1 側面ヒサシ短・テールライト枠フチ付
タイプ2 側面ヒサシ長・テールライト枠大型 
タイプ3 側面ヒサシ長・テールライト枠小型・C'タイプ無線アンテナ付

関連コンテンツ

  • TENSHODO Style
  • 天賞堂製品ミュージアム
  • エバーグリーンショップ在庫情報
  • いちかわのWorld Railroad
  • 天賞堂コンシェルジュ
  • 天賞堂製品取扱店リスト
PAGETOP
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報について
  • 法規に基づく表記 
  • サイトマップ
日本鉄道模型連合会 会員 copyright© TENSHODO all rights reserved.