GINZA TENSHODO SINCE 1979 MODEL TRAIN

 

EF64形 0番代

38号機

発売日
2008年5月
価格
¥210,000+税

50号機

発売日
2008年5月
価格
¥210,000+税

商品説明

EF64形は、直流電化されていた奥羽線福島~米沢間の輸送力増強用としてEF16形の代替機として計画されましたが、中央線・上越線での使用も踏まえ勾配線区用に重連総括運転機能を持つ標準形式の電機として製造されました。電気的な仕様はEF62形を基本としトンネル断面の小さい中央線を考慮して高さを抑えて設計され、79輌が製造されました。新製時より新型直流機の標準塗装である青15号にクリーム4号の警戒色の塗り分を施したのはEF64形が初めてです。

1964(昭和39)年に1号機・2号機が3号機~12号機が福島区に配置され福島~米沢間の板谷峠に使われました。同区間の交流電化後は中央本線に転属、続いて若干の変更を施した13号機~28号機が中央線輸送力強化用として増備されるなど1976(昭和51)年までに機器等の変更を伴い79両が製造されました。
1968(昭和43)以降は中央線等の中部日本を中心に客貨両用で運用されていました。
国鉄分割後は、多くはJR貨物に配属され活躍しています。近年ではEF64形0番代は徐々にEH200形に置き換えられ活躍する機会が少なくなってきています。

今回、37号機~43号機と46号機~55号機のグループに属する電気暖房搭載機を模型化いたしました。両グループの大きな違いは運転席上屋根扇風機カバーの有無、避雷器位置、テールライト形状、前面ステップ形状、電暖表示灯形状等の違いが上げられます。
ナンバーは38・39号機(東洋・汽車)、50号機(東洋・川崎)、51号機(川崎・富士)が貼り付け済となっています。

※JRアンテナは、お好みで取り付けて下さい。号機によって取り付け位置が異なります。
※38・39号機は、4種類の区名札(「高」「高運」「甲」「八」)が添付しておりますので、お好みの物をお貼り下さい。区名札はシールですので、札挿しに収まるようにカットしてご使用下さい。

模型仕様
動力TAギヤ仕様、フライホイール付コパル両軸モーター使用、ヘッドライト1.5V電球により点灯、テールライト発光ダイオードにて点灯、電暖表示灯発光ダイオードにて点灯、ライト関係はスイッチによりON/OFF可、切文字ナンバープレート貼付済、JR無線アンテナ添付
38号機・39号機:29号機~45号機のグループを模型化(電暖付・大型テール仕様)
50号機・51号機:46号機~55号機のグループを模型化(扇風機カバー付・ヘッドマーク掛付仕様)

関連コンテンツ

  • TENSHODO Style
  • 天賞堂製品ミュージアム
  • エバーグリーンショップ在庫情報
  • いちかわのWorld Railroad
  • 天賞堂コンシェルジュ
  • 天賞堂製品取扱店リスト
PAGETOP
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報について
  • 法規に基づく表記 
  • サイトマップ
日本鉄道模型連合会 会員 copyright© TENSHODO all rights reserved.