GINZA TENSHODO SINCE 1979 MODEL TRAIN

 

EF67形 0番代

発売日
2004年12月
価格
¥208,000+税

商品説明

EF67形1号機は、山陽本線の一番の難所「セノハチ」(瀬野~八本松間)の補機として、EF60形4次車を種車に改造された電気機関車です。
従来のEF61形200番代は、重連運用の際に連結器が破壊され、1,000tを超える列車には使用できないという問題が発生しました。
そこで、EF60形4次車を種車とし、主回路制御をサイリスタ・チョッパ方式にし、MT-52形電動機の端子電圧をそれまでの750Vから900Vに上げ、2,850kWに増強しました。これで単機運用が可能となり、加速しないときモーターを発電機として利用して発電し、電気を架線に戻す回生ブレーキを装備しました。
外観的特徴は、東京寄り1エンド側は、八本松駅構内での走行時解放(走りながら連結を切り離す)を考慮してデッキを設置、前面も貫通ドアタイプになっております。
また、塗装は赤11号という直流機らしかぬ色に塗られ、広島の県木『もみじ』をイメージしたオレンジ色に塗られ、異色をはなっています。
なお、JR貨物発足後にEF65形一般形5両を改造した100番代も登場しましたが、デッキ設置や前面への改造は行われませんでした。
なお、EF67形の走行解放は、全ての貨物列車が西条停車となり、2002(平成14)年3月で終了し、停車中の解結になりました。
なお、最新のVVVFインバータ制御方式を採用したEF200やEF210も「セノハチ」を越える際はEF67形の助けを必要としています。
今回は避雷器が中央にある1号機と2号機を模型化いたしました。

模型仕様
フライホイール付コパルモーター、動力TAギヤ仕様、台車軸箱可動、 ヘッドライト定電圧点灯、テールライト発光ダイオード、 デッキ部ロストワックス製、ナンバー貼付け済み。

関連コンテンツ

  • TENSHODO Style
  • 天賞堂製品ミュージアム
  • エバーグリーンショップ在庫情報
  • いちかわのWorld Railroad
  • 天賞堂コンシェルジュ
  • 天賞堂製品取扱店リスト
PAGETOP
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報について
  • 法規に基づく表記 
  • サイトマップ
日本鉄道模型連合会 会員 copyright© TENSHODO all rights reserved.