GINZA TENSHODO SINCE 1979 MODEL TRAIN

 

オハ31

発売日
1998年8月
価格
¥49,000(税込)

商品説明

オハ31系17m級鋼製客車シリーズ
初の鋼製客車として1927(昭和2)年から1929(昭和4)年までに製造された17m級客車ですが、しかし外板は鋼板張りでしたが、内装は木製のいわゆる半鋼製です。ダブルルーフ・魚腹形台枠・釣合バネ式台車など木造の面影を色濃く残しているのが特徴です。17m級鋼製客車はわずか3年程の間に多数の形式が作られ、大家族(オハ31で500 輌以上)となり、比較的広い地域で使用されました。
今回の模型化に際しては、主として戦後のローカル列車に用いられた形式を選び、1950年代後半(昭和30年前後)のスタイルです。この時代は、「雑客」として20m級客車と混用され、場合によっては混合列車で貨物とも併結されて、蒸機や旧型電機なら牽引機も選ばない編成自由度の高い客車たちです。
オハフ30は、1928(昭和3)年から翌年にかけて165輌が製造されたオハ31系シリーズの3等緩急車で、車掌室があるため定員はオハ31より8名少ない72名でした。製造当初はオハフ45500、旧形式はオハフ34000、1941(昭和16)年、オハフ30に改番されたのは164 輌でした。

模型仕様
TR11 は10 数点ものパーツで組立てられ、転がり良い、精巧な台車で、軸箱可動です。
ベンチレーターも数点のパーツで組まれた精巧な物です。

関連コンテンツ

  • TENSHODO Style
  • 天賞堂製品ミュージアム
  • エバーグリーンショップ在庫情報
  • いちかわのWorld Railroad
  • 天賞堂コンシェルジュ
  • 天賞堂製品取扱店リスト
PAGETOP
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報について
  • 法規に基づく表記 
  • サイトマップ
日本鉄道模型連合会 会員 copyright© TENSHODO all rights reserved.