GINZA TENSHODO SINCE 1979 MODEL TRAIN

 

C55形 57号機

発売日
1998年9月
価格
¥198,000+税

商品説明

C55形はC51形、54形と続く2シリンダー国産パシフィック機の改良型として誕生、1935(昭和10)年から1937(昭和12)年にかけて62輌が川崎・汽車・日立・三菱の4社で製造されました。内外装とも後の国鉄近代型蒸機となった機関車で動輪こそスポークでしたがスチームドームとサンドボックスを一体化したドームやリベットのない溶接構造の車体、鋳鉄製台車の採用など各部に近代的な形態が見られました。またスポーク動輪は水かき状の補強を持っておりこの機関車の特徴のひとつとなっています。
3回に分かれて製造され、そのうち二次型は当時世界的に流行していた流線型車体で登場しましたがメンテナンス性の問題から三次型は再び普通の車体になりました。41~62号機の三次型は亜幹線の18m級転車台でも使用できるように全長を短くするためキャブが小型化され、その後の旅客用標準テンダー機C57形の原型ともいえるシルエットになっています。この製品はC55形三次型で、九州で活躍していた57号機をモデル化しました。

模型仕様
TPEシステム
空気作用管標準装備
テンダー標識灯点灯
PAGETOP
一般社団法人日本鉄道模型協会 会員 copyright© TENSHODO all rights reserved.