GINZA TENSHODO SINCE 1979 MODEL TRAIN

 

C55形 3次 標準デフ

発売日
1999年12月
価格
¥198,000+税

商品説明

C54形の改良形であるC55形は、1935(昭和10)年に製造が開始され、1次形から3次形まで62輌が製造されました。この機関車の形態上の特徴は、1,750mmの水かき付スポーク動輪、棒台枠をC形機で初採用、スチームドームとサンドドームが一体になり、全面的に溶接工法を採用しリベットの使用が減ったことです。また、1次形、2次形及び3次形では、それぞれ出場当初の外観が異なっています。3次形は形態的には後のC57形に近く、2次形と同様に1次形より短い全長として、亜幹線で使用されている18m級のターンテーブルにも載るよう考慮され、四国以外の主要幹線を含む全国に配属されました。
C55形は、配置後、その地域に合わせ個々の改造が施され、様々なスタイルになっていますが、今回製作したのは、標準的なスタイルでATS取付け後のものと九州最後の現役蒸機として1975(昭和50)年3月23日、日豊本線西鹿児島~宮崎間の「蒸機お別れ列車」を牽引した57号機の2種類です。
注)57号機は、「お別れ列車」時のスタイルではありません。

付属品
ナンバープレート:41、44、61、62
メーカーズプレ-ト:川崎、汽車
区名札:豊橋

関連コンテンツ

  • TENSHODO Style
  • 天賞堂製品ミュージアム
  • エバーグリーンショップ在庫情報
  • いちかわのWorld Railroad
  • 天賞堂コンシェルジュ
  • 天賞堂製品取扱店リスト
PAGETOP
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報について
  • 法規に基づく表記 
  • サイトマップ
日本鉄道模型連合会 会員 copyright© TENSHODO all rights reserved.