GINZA TENSHODO SINCE 1979 MODEL TRAIN

 

C57形

201号機

発売日
2007年9月
価格
¥267,000+税

5号機 つらら切有

発売日
2007年9月
価格
¥275,000+税

5号機 つらら切無

発売日
2007年9月
価格
¥275,000+税

商品説明

姫路市の御立公園と旭川市の旧神居古潭駅で、それぞれ静態保存されている5号機と201号機を鉄道模型化しました。

概要

優美なスタイルを持ち、『貴婦人』の愛称で親しまれている蒸気機関車です。特に1号機や180号機は動態保存のため、知名度も高く親しまれています。 1937年(昭和12年)~1947年(昭和22年)にかけて、一次~四次形まで改良を加えながら合計201輌が製造され、四国を除く全国区で活躍しました。四次型のみ内外観とも変更したため、かなり趣きが異なります。

一次型 12-17C形テンダー(C55形の三次型と同一)、従台車は製作時期により、
LT154B型、LT154D形の2種類。
二次型 12-17形テンダー、従台車は板台枠。
三次型 12-17D形テンダー、従台車はLT157形。
四次型 12-17E形テンダー(船底型)、キャブは密閉式。

今回鉄道模型化した5号機は、1937年(昭和12年)に製造されました。梅小路機関区から、西日本内に転籍し、1958年(昭和33)にはお召列車の牽引機として活躍しました。
また201号機は、C57形のラストナンバーです。1947(昭和22)年に製造し、北海道ではじめて設置されました。長距離を走るため重油併燃装置が装備されており、ドーム後方に重油タンクを搭載しています。現在は旭川市の旧神居古潭駅に、9600形(29638)、D51型(D516)と共に静態保存しています。

模型仕様
マシマモーター使用、TPEシステム、ヘッドライト1.5V電球にて点灯、テンダー標識灯はLEDにより点灯、空気作用管取付済

関連コンテンツ

  • TENSHODO Style
  • 天賞堂製品ミュージアム
  • エバーグリーンショップ在庫情報
  • いちかわのWorld Railroad
  • 天賞堂コンシェルジュ
  • 天賞堂製品取扱店リスト
PAGETOP
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報について
  • 法規に基づく表記 
  • サイトマップ
日本鉄道模型連合会 会員 copyright© TENSHODO all rights reserved.