GINZA TENSHODO SINCE 1979 MODEL TRAIN

 

C62形 3号機

発売日
2004年11月
価格
¥298,000+税

商品説明

「つばめ」「はと」の優等列車等の牽引時代がC62形の黄金時代としたら、北海道に渡りニセコ等急行列車牽引時代が二度目の華やかなりし頃ではないでしょうか。
重量級機関車であるC62形は、時代と共に活躍の場所が東海道・山陽から東北・常磐・北海道へと移り、その折には各線に対応するために軸重軽量改造が施されました。
2号機・3号機も北海道への移動時には軽量化の他に耐寒設備が施され、キャブを密閉式に改造、前照灯をLP403に、運転席/助手席旋回窓、ATS、信号炎管、テンダー前照灯等が取付けられました。 北海道での活躍の場は主に山が多い函館本線でした。函館本線は別名山線と呼ばれ、特に小樽~長万部間に存在する三つの難所、稲穂峠・倶知安峠・上目名峠に挑むC62形重連は鉄道ファンにはたまらない魅力でした。厳冬の中、雪を巻き上げながら蒸気と煙をはきながら難所に挑む姿は被写体の対象となり、多くのファンが記憶にとどめています。
デフレクターに『つばめ』マークが付いた2号機と3号機の重連は人気を博しました。
現在は皆様もご存じの通り、2号機は京都の梅小路機関区に、3号機は北海道苗穂工場に保存されています。
今回の3号機は北海道で重連運転に活躍していた頃を模型化いたしました。

特徴

ボイラー・テンダー側板等基本になる部品は新規製作。従来製品に比べ細部までこだわり、作り上げました。例えばテンダー後方上部縁傾斜表現、火の粉止内部表現、従台車枠等。キャブ側面ドア・ステップ形状、ボイラー継ぎ目表現。

ディテール

空気作用管取付済、旋回窓保護網取付け、火の粉止、シリンダーシリ棒取付け、ストーカーエンジン表現、キャブ後方スライドドア取付け、テンダー炭庫内部表現、キャブ内バックプレート取付け、キャブ後窓保護棒取付け、テンダー後方ステップ警戒板取付け、発電機配管受取付け。2号機・3号機作り分け(増炭枠形状・ATS車上子・ドーム前踏み板・配管取り回し・逆転機カバー・テンダー燃料管等)、ナンバープレート貼り付け済み。

模型仕様
フライホイール付マシマモーター1830
TPEシステム
ヘッドライト1.5V定電圧
テンダー標識灯LEDにより点灯
テンダー台車集電シュー取付け
細部までこだわったため、カーブ最小通過半径を710mmとさせて頂きました。

関連コンテンツ

  • TENSHODO Style
  • 天賞堂製品ミュージアム
  • エバーグリーンショップ在庫情報
  • いちかわのWorld Railroad
  • 天賞堂コンシェルジュ
  • 天賞堂製品取扱店リスト
PAGETOP
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報について
  • 法規に基づく表記 
  • サイトマップ
日本鉄道模型連合会 会員 copyright© TENSHODO all rights reserved.