GINZA TENSHODO SINCE 1979 MODEL TRAIN

 
模型サイト 天賞堂製品ミュージアム 蒸気機関車 D51形 半流 北海道タイプ 開放/密閉キャブ

D51形 半流 北海道タイプ 開放/密閉キャブ

価格
¥206,000+税

商品説明

D51形は日本の代表的蒸気機関車として、1936(昭和11)年から1945(昭和20)年までの10年間に1,115輌が製造され、その性能の優秀さなどから全国各地の幹線、亜幹線で主に貨物列車牽引、勾配区間に活躍していました。また、わが国最初のボックス動輪を使用した蒸気機関車でもありました。
D51形初期グループは川崎・汽車・日立の車両メーカーによって製造されました。このグループの特徴は、煙突の後方に給水温メ器を縦置きして、その後方の砂箱と蒸気溜メまでが一体のカバーで覆われ、この独特なスタイルから"なめくじ"という愛称で呼ばれ、当時流行していた流線型に対して、一般的に"半流"と呼ばれることもありました。また、もう一つの特長としてキャブの床面積が狭く、このグループ以降に製造されたD51形よりキャブが小さくなっていました。
この"なめくじ"は重心の位置が悪く空転が多発したため、このグループ以降は重心等の改良が行なわれ、初期型の特長であった煙突等を覆っていたカバーが無くなり、各所に改良が施されました。
10年間に渡って製造されたD51形は活動地域の条件に合わせた装備や改装工事が施され、外観等バラエティーに富んだ機関車となりました。
北海道内の何台かの"なめくじ"もキャブ密閉化等の耐寒装備が施されました。
今回は北海道で使用された半流線形の密閉・解放キャブ仕様を製品化いたしました。
特定番号機ではありませんので、添付しているナンバーとは若干異なりますのでご了承ください。

模型仕様
フライホイール付マシマモーター
TPEシステム
空気作用管取付済
煙室戸開閉
火の粉止め2種類添付

関連コンテンツ

  • TENSHODO Style
  • 天賞堂製品ミュージアム
  • エバーグリーンショップ在庫情報
  • いちかわのWorld Railroad
  • 天賞堂コンシェルジュ
  • 天賞堂製品取扱店リスト
PAGETOP
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報について
  • 法規に基づく表記 
  • サイトマップ
日本鉄道模型連合会 会員 copyright© TENSHODO all rights reserved.