GINZA TENSHODO SINCE 1979 MODEL TRAIN

 
模型サイト 天賞堂製品ミュージアム 蒸気機関車 D51形 標準型(ノーマル) ダイキャスト製

D51形 標準型(ノーマル) ダイキャスト製

標準型(ノーマル)

商品説明
品番71004 ノーマル(標準型)
比較的原形を保っていたタイプ
発売日
2008年6月
価格
¥68,000+税

商品説明

D51形蒸気機関車は、昭和11年から幹線の貨物用として製造が始まった形式です。
最初の100輌は、ボイラー上部の煙突からキャブ近くまで給水温め器や蒸気ドーム、砂箱一体に収めたケーシングをもつなど、実用的ながらも優美なデザインが採用されました。
しかし、給水温め器の日常的な点検に不便であることなどから、昭和12年には、給水温め器を煙突の前に枕木方向に置くよう設計が改められました。同時に煙室と前面の角の丸味をなくす、キャブを大きくするなどの変更も行われました。
この形を基本として、日本の機関車史上空前の1000輌を越える量産が、昭和20年まで続きました。その間には戦争の影響による材料の節約や工作の簡略化が行われ、さまざまスタイルで登場しています。
北海道から九州まで、広く、そして国鉄蒸気機関車の最後まで長く使われたため、時代や地域のちがいによる形のバリエーションが多いのも、この機関車の特徴の一つとなっています。
当社では、その多くの中から、現役時代(昭和40年ごろ以降)のD51形として4種類と動態保存されている498号機の5種類を製品化しました。

模型仕様
最小通過半径550mm、ポイントは4番以上使用、動力はフライホイール付モーター、前部主灯・キャブ内・テンダー標識灯・後部主灯点灯

関連コンテンツ

  • TENSHODO Style
  • 天賞堂製品ミュージアム
  • エバーグリーンショップ在庫情報
  • いちかわのWorld Railroad
  • 天賞堂コンシェルジュ
  • 天賞堂製品取扱店リスト
PAGETOP
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報について
  • 法規に基づく表記 
  • サイトマップ
日本鉄道模型連合会 会員 copyright© TENSHODO all rights reserved.