GINZA TENSHODO SINCE 1979 MODEL TRAIN

 

C57形蒸気機関車 岩見沢時代 真鍮製

38号機 岩見沢時代
(品番11064)

価格
¥415,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
Online Storeへお問い合わせ

44号機 岩見沢時代
(品番11065)

価格
¥415,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
Online Storeへお問い合わせ

57機 岩見沢時代
(品番11066)

価格
¥415,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら

135号機 岩見沢時代
(品番11067)

価格
¥415,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
Online Storeへお問い合わせ

144号機 岩見沢時代
(品番11068)

価格
¥415,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
Online Storeへお問い合わせ

商品説明

C57形は1937(昭和12)年~1947(昭和22)年の11年間に1次から4次形の系201輌が製造され、全長に比べてボイラーも細くスタイルも美しいことから「貴婦人」の愛称で親しまれました。

C57形は性能も良く、また保守面でも扱いやすかったことから、四国を除く全国各地で旅客列車の牽引を主に活躍の場を拡げていきます。幹線の旅客列車の牽引に活躍していたC57形ですが、国鉄の動力近代化政策(3次長期無煙化計画1964~1975)が実施されてからは、電化やディーゼル化が進められ徐々に活躍の場も狭められて行きました。

無煙化は四国地方が最も早く1969(昭和44)年に、1975(昭和50)年2月には本州、1975(昭和50)年には九州が完了しました。残るは北海道ですが1975(昭和50)年10月末時点で、D51形-60輌、9600形-19輌、C57形-5輌が残っておりました。

この最後まで残ったC57形は、全機岩見沢第一機関区に所属し、(38号機・44号機・57号機・135号機・144号機の5輌)耐寒装備を施され、室蘭本線において東室蘭-岩見沢間の旅客列車運用に充てられておりました。折りしも無煙化完了を迎えようとしていた1975(昭和50)年12月14日、135号機は国鉄おける蒸機機関車牽引による最後の旅客列車(225レ)を牽引し、38年間の活躍に幕を下ろしたことはC57形としては最大の花道と言えましょう。

135号機は交通博物館を経て、現在は大宮の鉄道博物館に保存されております。また38号機は惜しくも動輪だけの保存ですが、44号機、57号機、144号機は公園等に保存されている事は喜ばしい限りです。

今回最後まで北海道で活躍した岩見沢時代のC57形をプロトタイプとして模型化いたしました。

模型仕様
最小通過半径R710以上 ポイント6番以上
共通添付部品
火かき棒、スコップ、石炭、SL-1用サウンドシステム用部品
個別取付部品
・44号機:ボイラーフロントデッキ用ステップ1組
・144号機:プレート車輪2軸
製品種類
品番 製品名 価格
11064 38号機 岩見沢時代 ¥415,000+税
11065 44号機 岩見沢時代 ¥415,000+税
11066 57号機 岩見沢時代 ¥415,000+税
11067 135号機 岩見沢時代 ¥415,000+税
11068 144号機 岩見沢時代 ¥415,000+税
PAGETOP
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報について
  • 法規に基づく表記 
  • サイトマップ
日本鉄道模型連合会 会員 copyright© TENSHODO all rights reserved.