GINZA TENSHODO SINCE 1979 MODEL TRAIN

 

C59形蒸気機関車 戦後型 162号機 真鍮製 1/80スケール・16.5mmゲージ

C59形 戦後型 162号機

価格
¥336,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
Online Storeへお問い合わせ

商品説明

大型旅客機C53形の後継機として、保守・修繕や使い易さを念頭にC53形より性能が上回る機関車として誕生したのがC59形蒸気機関車です。1941(昭和16)年に登場し、1~100号機が戦前型、101~132・156~196号機が戦後型(133~155番は増備計画の縮小により欠番)に区別され合計173輌が製造されました。
戦前型から戦後型への主な変更点は、先輪・従輪のプレート車輪化、ボイラー径の拡大、船底テンダーの採用等です。特に船底テンダーの採用で全長は21,360mmから21,575mmに伸び、日本の蒸機中最長の機関車となりました。
国鉄最後のパシフック型であるC59形は軸重が重く幹線以外では使用できなかったために、後に従台車を2軸に変更して47輌がC60形に改装され幹線以外でも使用できるようになりました。
今回は、急行『あき』等の牽引で人気を集め、呉線で最後まで残った3輌の161号機・162号機と164号。C59形では唯一『門鉄デフ』を装備且つ九州で最も長く活躍した124号機を模型化いたしました。

最後の3輌の内、162号機のみがキャブ側窓のボイラー寄りに明り窓がありました。

模型仕様
マシマモーター使用、TEP仕様、ヘッドライト1.5V球にて点灯、テンダーテールライトはLEDにて点灯、どちらもON/OFFスイッチ付、空気作用管取付済、最小通過半径710mm
Made in Japan
PAGETOP
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報について
  • 法規に基づく表記 
  • サイトマップ
日本鉄道模型連合会 会員 copyright© TENSHODO all rights reserved.