GINZA TENSHODO SINCE 1979 MODEL TRAIN

 
模型サイト 製品情報 天賞堂オリジナル 真鍮製 C62形 東海道タイプ カンタム・サウンド・システム搭載 真鍮製

C62形蒸気機関車 真鍮製(カンタム・サウンド・システム搭載)

2号機 スワローエンゼル
(品番11032-2QS)

価格
¥330,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
お問い合わせ

17号機 狭軌SL最高速度記録機
(品番11032-17QS)

価格
¥330,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
お問い合わせ

18号機 下がりつばめ
(品番11032-18QS)

価格
¥330,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
お問い合わせ

25号機 お召し先導機
(品番11032-25QS)

価格
¥333,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
お問い合わせ

山陽タイプ(ATS付)
(品番11032-SQS)

価格
¥330,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
お問い合わせ

商品説明

戦後の旅客用蒸気機関車不足を最小限の予算で解消するために、余剰となった日本で最大の貨物用蒸気機関車・D52形のボイラーなどを利用して製造されたのが最大級の急行列車用蒸気機関車・C62形です。
昭和23年から24年にかけて49輌が製造され、東海道本線、山陽本線、東北本線、常磐線の主役となりました。特に、特急「つばめ」「はと」「はつかり」ではヘッドマークを掲げて運転したので、その牽引機関車はまさに国鉄の花形役者的存在でした。
昭和29年にはC62形17号機が東海道本線木曽川橋梁上において時速129km/hの蒸機による狭軌最高速度を記録し、その高速性能を証明しました。模型は、東海道時代全盛期に活躍していた2号機・17号機・18号機・25号機・山陽タイプをプロトタイプといたしました。

外観の作りは、半田組立工法を主に当社レベルで出来る限り、配管取廻し等細部までの作り込みを行いました。

模型仕様
マクソンモーター使用、TPE仕様
ヘッドライトは1.5V電球により点灯
テンダー標識灯はLEDにより点灯
後部主灯1.5V球により点灯(山陽タイプのみ)
空気作用管取付済
スイッチにより、カンタム・サウンドシステムの有効/無効を選択することが可能
(カンタムモードのみ)キャブライト点灯・ヘッドライト、テンダー標識灯、後部主灯(※山陽タイプ)はカンタムエンジニアもしくはパワーパックでON/OFF切り替えが可能
サウンド(汽笛、走行音)鳴動
(非カンタムモードのみ) ヘッドライト、テンダー標識灯、後部主灯(※山陽タイプ)はスイッチにてON/OFF切り替えが可能
製品種類
品番 製品名 価格
11032-2QS 2号機 スワローエンゼル ¥330,000 +税
11032-17QS 17号機 狭軌SL最高速度記録機 ¥330,000 +税
11032-18QS 18号機 下がりつばめ ¥330,000 +税
11032-25QS 25号機 お召し先導機 ¥333,000 +税
11032-SQS 山陽タイプ(ATS付) ¥330,000 +税
PAGETOP
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報について
  • 法規に基づく表記 
  • サイトマップ
日本鉄道模型連合会 会員 copyright© TENSHODO all rights reserved.