GINZA TENSHODO SINCE 1979 MODEL TRAIN

 

C62形蒸気機関車 真鍮製(カンタム・サウンド・システム搭載)

2号機 北海道タイプ
カンタム・システム搭載
(品番11049)

価格
¥405,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
お問い合わせ

3号機 北海道タイプ
カンタム・システム搭載
(品番11050)

価格
¥405,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
お問い合わせ

15号機 北海道タイプ
カンタム・システム搭載
(品番11051)

価格
¥405,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
お問い合わせ

常磐タイプ はつかり牽引機
カンタム・システム搭載
(品番11052)

価格
¥400,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
Online Storeへお問い合わせ

2号機 梅小路保存機
カンタム・システム搭載
(品番11053)

価格
¥410,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
お問い合わせ

商品説明

C62形は、昭和23年から昭和24年に落成した我が国最大最強の旅客用蒸気機関車で優等列車牽引を主として活躍しました。重量級のC62形ですが、先台車の板ばね枚数や従台車の支店位置を変更することにより軸重を軽減することが出来ます。この軽軸重形は当初東北・常磐線の機関区に配置されました。

東海道本線の電化が伸展するにつれて、C59形が東北本線に順次流入してくると、軽軸重のC62形は尾久と平の配置となり、常磐線中心の運用となりました。昭和33年には新設された東北方面初の特急「はつかり」を上野-仙台間で牽引、この他急行「みちのく」「十和田」などにも充当されました。

一方、北海道への配置は東海道本線全線電化と前後して昭和31年から始まりました。まず梅小路機関区の3号機がボイラー交換や軽軸重化の他、キャブの密閉式化や旋回窓、ATS、信号炎管、テンダー前照灯の追加が行われ北海道仕様となりました。続いて2号機を含む6輌のC62形が同様の改造を受けて小樽築港機関区に転籍しています。

函館本線の「山線」を呼ばれる長万部-小樽間では重連運用が組まれ、蒸機時代の終焉が近づくとSLブームの象徴的なシーンとなります。

昭和46年夏、無煙化が始まるのを前に3重連運転が行われました。最後まで残った2号機、3号機、15号機または16号機によって急行「ニセコ」を3重連で牽引、C62形の有終の美を飾りました。

現在、2号機は京都の梅小路蒸気機関車館に、3号機は北海道苗穂工場に保存されています。15号機の動輪とメインロッド/サイドロッドは東京駅の「動輪広場」で展示されています。

模型仕様
カンタム・サウンド・システム搭載
スイッチにより、カンタム・サウンドシステムの有効/無効を選択することが可能
主灯、後部主灯が1.5V球、前部標識灯、後部標識灯、キャブ・ライトがLEDで点灯
(カンタムモードのみ)主灯、後部主灯、前部標識灯、後部標識灯、キャブ・ライトのON/OFF切り替えがカンタムエンジニアもしくはパワーパックで可能
サウンド(汽笛、走行音)鳴動
(非カンタムモードのみ) 前部灯火類(主灯・標識灯)、後部灯火類(主灯・標識灯)、キャブ・ライトはそれぞれスイッチにてON/OFF切り替えが可能
DCC(デジタル・コマンド・コントロール)対応
添付部品
品番 付属パーツ 付属ナンバー
11049 検査標記インレタ
火かき棒
蒸気暖房ホース
石炭
貼付済
11050 貼付済
11051 貼付済
11052 8、9
11053 貼付済
製品種類
品番 製品名 価格
11049 2号機 北海道タイプ ¥405,000+税
11050 3号機 北海道タイプ ¥405,000+税
11051 15号機 北海道タイプ ¥405,000+税
11052 常磐タイプ はつかり牽引機 ¥400,000+税
11053 2号機 梅小路保存機 ¥410,000+税
PAGETOP
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報について
  • 法規に基づく表記 
  • サイトマップ
日本鉄道模型連合会 会員 copyright© TENSHODO all rights reserved.