GINZA TENSHODO SINCE 1979 MODEL TRAIN

 
模型サイト 製品情報 天賞堂オリジナル 真鍮製 ED71形電気機関車 真鍮製 | 天賞堂 製品紹介ページ

ED71形電気機関車 真鍮製

1次型『はくつる』牽引時代
(品番 12112)

価格
¥275,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
Online Storeへ お問い合わせ

1次型 中期タイプ
(品番 12113)

価格
¥275,000+税
お問い合わせはこちら
お問い合わせ

2次型『はくつる』牽引時代
(品番 12114)

価格
¥275,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
Online Storeへ お問い合わせ

2次型 中期タイプ
(品番 12115)

価格
¥275,000+税
お問い合わせはこちら
お問い合わせ

商品説明

~実車解説~
ED71形電気機関車は、1959年(昭和34年)から1963年(昭和38年)までに55輌が製造された交流電気機関車です。
全機福島第二機関区に配置、東北本線の黒磯~小牛田間を主として運用されました。 1964年(昭和39年)にはブルートレイン『はくつる』を牽引。 金谷川~白石間では重連で貨物列車の仕業に当たりました。
3輌の試作機を経て登場した量産型は、44号機までの1次型と45号機以降の2次型に大別されます。 1次型はED70形やED60形等の新形直流電機の第1陣と同様にクイル式駆動装置を採用、しかし異常振動による不具合の問題から、2次型では半釣掛け式となりました。
このため1次型と2次型では主電動機や台車の軸間距離が異なります。 定格出力は1900kWから2040kWへと向上しました。 外観では側面のルーバーの割付が大幅に変更されています。
水銀整流器を使用していたED71形ですが、保守・取扱に難点が多かったことから、後に実用化されたシリコン整流器への交換が1970年(昭和45年)より始まりました。(この改造は全機に及んだものではありません) また、1次型は1972年(昭和47年)からクイル式からリンク式へと改められ、その際、動輪がスポーク車輪からボックス車輪となりました。

品番 付属ナンバー
12112/12113
(1次型)
22,28,37,40,44
12114/12115
(2次型)
45,46,47,48
製品種類
品番 製品名 価格
12112 1次型『はくつる』牽引時代 ¥275,000+税
12113 1次型 中期タイプ ¥275,000+税
12114 2次型『はくつる』牽引時代 ¥275,000+税
12115 2次型 中期タイプ ¥275,000+税
PAGETOP
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報について
  • 法規に基づく表記 
  • サイトマップ
日本鉄道模型連合会 会員 copyright© TENSHODO all rights reserved.