GINZA TENSHODO SINCE 1979 MODEL TRAIN

 

【天賞堂直営店限定製品】EF55形1号機JR仕様 真鍮製

EF55形1号機JR仕様
(品番12991)

価格
¥228,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
Online Storeへお問い合わせ

商品説明

ブラス・ベーシック・キットをベースに少量製作!
●本線走行していた晩年の姿を再現。上越線の『奥利根号』を中心に、高崎客車をはじめ、12系やお座敷列車、ばんえつ物語号の客車等、様々なイベント列車を牽引しました。
●ベースとなったキットは戦前の東海道時代がプロトタイプですが、アンテナ類や形状が異なる飾り帯、台車枠他、多くのパーツを新規に制作して再現しました。
●塗装はイベント機らしさを強調した光沢感あるぶどう色。
JR東日本商品化許諾済

~EF55形 実車解説~
昭和初期、世界的な流線形ブームが日本にも到来しました。
蒸気機関車C53形43号機の改造を皮切りに、C55形(20~40号機)や、このEF55形、モハ52形電車、キハ43000形気動車等が流線形で登場、影響は私鉄にも及びました。
 EF55形は1エンドのみ流線形とし、本線走行では常にこちら側を前で運転する設計となりました。
このため、1エンド側の先輪が2軸あるのに対し、2エンド側は1軸という変則的な車軸配置です。
車体の組み立ては、それまでのリベット工法から電気溶接に移行し、凹凸の少ない流麗なフォルムを形成しています。
性能面ではEF53形を踏襲したものですが、ギヤ比を1:2.63から1:2.43に変更、高速側へと振った仕様となりました。
 落成後EF55形は沼津機関区に配置され、東京~沼津間で『燕』『富士』等の優等列車を主に牽引しました。
しかし、当時の運転速度では、流線形の空力的なメリットは低く、一連の流線形車輌は鉄道省のイメージ戦略で作られたとも言われています。
 1952年(昭和27年)高崎第二機関区に転属、高崎線の列車牽引に使用されますが、方向転換や保守の手間から徐々に仕業は減り、1964年(昭和39年)までに全機廃車となりました。
この内、解体を免れた1号機は中央鉄道学園で教習用として静態保存され1978年(昭和53年)には準鉄道記念物の指定を受けました。
 その後、1号機は再び高崎第二機関区に移され、国鉄末期の1986年(昭和61年)動態復元・車籍復活を果たします。
JR化後は、上越線の『奥利根号』をはじめ様々なイベント列車やジョイフルトレインの牽引に活躍しました。
2015年(平成27年)、さいたま市の鉄道博物館に収容され展示されています。

模型仕様
最小通過曲線:R750mm
※車体の構造上、急曲線は通過できません。
S字曲線(連続する逆カーブ。複線の渡り線を含む)は特にご注意下さい。
1エンド側前照灯点灯
※2エンド側前照灯および尾灯は点灯しません。
走行系は、キットのスパーギヤユニット(固定軸)を使用しています。
PAGETOP
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報について
  • 法規に基づく表記 
  • サイトマップ
日本鉄道模型連合会 会員 copyright© TENSHODO all rights reserved.