GINZA TENSHODO SINCE 1979 MODEL TRAIN

 

EF62形

前期型 高崎第二機関区タイプ
(品番:12065)

価格
¥285,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
お 問い合わせ

後期型 高崎第二機関区タイプ
(品番:12066)

価格
¥285,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
Online Storeへお 問い合わせ

前期型 下関運転所タイプ
(品番:12067)

価格
¥285,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
Online Storeへお 問い合わせ

54号機 晩年タイプ
(品番:12068)

価格
¥290,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
お 問い合わせ

商品説明

EF62形は、信越本線横川-軽井沢間が粘着式の新線に切り替えられた際、この区間を通過する列車の本務機として昭和37年に登場しました。新型電機では唯一のC-C軸配置を採用するなど、軽量化の工夫が随所になされています。

1次量産型2-24号機と25号機以降の2次-7次量産型では車端側裾廻り、エアーフィルター形状、運転室側窓の車端側Hゴム支持化、屋根上水切形状、避雷器取付位置および形態など外観を主とする差異があることから、1次量産型を前期型、2次量産型以降を後期型と区別されています。

昭和59年、貨物列車や客車列車の減少で余剰となっていたEF62形は、半数近くの26両が高崎第二機関区から下関運転所に転属され、老朽化したEF58形に代わって東海道・山陽本線の荷物列車牽引にあたりましたが、転属から3年後の昭和62年には荷物列車が全廃となり、下関所属のEF62形自体も全廃となりました。

国鉄からJRに継承された6両のEF62形には、平成2年に前面横にCアンテナが取り付けられ「能登」や貨物列車を牽引していましたが、平成5年の「能登」の電車化により定期運用がなくなり、波動輸送に用いられた後平成11年までに全車が廃車となりました。

模型仕様
・TAギヤによる動力伝動 6軸全軸駆動
・最小通過半径730mm ポイント6番以上
・運転台メーターとブレーキハンドル色差し
・前照灯、尾灯、電暖表示灯LEDにて点灯(ON/OFFスイッチ付)
・台車は約20点のロストワックス部品で構成されたものを新規製作
軸箱可動
付属パーツ
品番 付属パーツ 付属ナンバー
12065 区名札(高崎第二)/ナンバー/エンド表記/メーカーズプレート(川崎・汽車)(エッチング)、金属ナンバーインレタ、標記類インレタ 4、15、21、22
12066 区名札(高崎第二)/ナンバー/エンド表記/メーカーズプレート(東芝・汽車)(エッチング)、金属ナンバーインレタ、標記類インレタ 29、30、31、32、33、34、36、37
12067 区名札(下関)/ナンバー/エンド表記/メーカーズプレート(川崎・汽車)(エッチング)、金属ナンバーインレタ、標記類インレタ 13、14、16、17、23、24
12068 区名札等貼り付け済み 54(貼り付け済み)
PAGETOP
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報について
  • 法規に基づく表記 
  • サイトマップ
日本鉄道模型連合会 会員 copyright© TENSHODO all rights reserved.