GINZA TENSHODO SINCE 1979 MODEL TRAIN

 
模型サイト 製品情報 天賞堂オリジナル ダイキャスト製 C61形 ダイキャスト製 カンタム・サウンド・システム搭載

C61形 ダイキャスト製 カンタム・サウンド・システム搭載

東北タイプ「はつかり」牽引機
(品番71030)

価格
¥86,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
Online Storeへお問い合わせ

東北タイプ「はくつる」牽引機
(品番71031)

価格
¥86,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
Online Storeへお問い合わせ

九州タイプ「はやぶさ」牽引機
(品番71032)

価格
¥86,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
Online Storeへお問い合わせ

九州晩年タイプ(宮崎機関区)
(品番71033)

価格
¥86,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
Online Storeへお問い合わせ

2号機 梅小路保存機タイプ
(品番71034)

価格
¥86,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
Online Storeへお問い合わせ

20号機 JR東日本タイプ
(品番71035)

価格
¥86,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
Online Storeへお問い合わせ

商品説明

~実車解説~
昭和10 年代、戦時色が濃くなってきた我が国において、当時の鉄道省では軍事物資を始めとする貨物輸送の飛躍的な高まりに対応するため、製造輌数1115 輌を数えたD51形は言うに及ばず、最強の貨物用蒸気機関車D52形を送り込むなど、D形機が重点的に新製投入されました。

1945年(昭和20年)に太平洋戦争が終わると、復員列車や買い出し列車など再起・復興に向けた旅客輸送需要が顕著となる一方、貨物用機関車は余剰を見せるようになりました。そこで当時の運輸通信省(1943年に鉄道省から改組、1949年より日本国有鉄道)では、余剰となっているD形機のボイラーを利用し、旅客用機関車の足まわりを組み合わせることで、客車列車用C形機関車を製造することにしました。この改造(大半の部品は新造ですが)について、「D→C改造」と呼ぶこともあります。

この計画を受け、D51形のボイラーを流用しながら、新規製造のC57形の足まわりを組み合わせて誕生したのがC61形です。ちなみに、D52形のボイラーを利用してC59形の足まわりを組み合わせたのがC62形で、C61形と同時進行で設計されていましたが、C61形の方がひと足早く落成しました。

C61形は亜幹線の旅客列車牽引に活躍するC57形と同等の性能を狙ったものですが、ボイラーが大きく機関車が重くなることから、日本の蒸気機関車としては初めて2軸の従台車を採用、軸配置2C2の「ハドソン」となって、亜幹線に投入されました。また、これも我が国の蒸気機関車では初採用となった、自動給炭機(メカニカルストーカー)が採用されたことも特筆されます。製造輌数が33輌と少ないことから、製造時における外観上の顕著な変化はなく、実際の運用線区に合わせての改造や装備追加が行なわれました。

落成後、東北、常磐、奥羽、鹿児島の各線区に投入され、普通列車から特急列車の牽引に活躍しました。中でも東北本線仙台~青森間での客車特急「はつかり」や「はくつる」、鹿児島本線門司~鹿児島間での20 系客車寝台特急「はやぶさ」(一時的には「さくら」も)などの牽引は特筆に値するでしょう。

その後、電化の延伸や本線用ディーゼル機関車の登場により、活躍の舞台は徐々に狭まり、奥羽電化完成前の矢立峠越えがファンから注目されつつも、最後は青森機関区に集中配置されていた6輌(2・18・19・20・24・28号機)が、1971年(昭和46 年)に宮崎機関区に転配され、日豊本線の一部急行列車や普通列車、小貨物の牽引に従事した後、全機引退となりました。

この6 輌のうち、2号機は1972年(昭和47年)に梅小路蒸気機関車館開設に伴い梅小路機関区に再度転配され、同館の動態保存機として親しまれ、現在は2016年(平成28年)春に開館した京都鉄道博物館の動態保存機の一員となっています。また、20号機につい ては1973年(昭和48年)の廃車後、群馬県伊勢崎市にて長らく静態保存されていましたが、2011年(平成23年)にJR東日本が動態保存機として復活させ、D51 498号機の僚機としてJR東日本管内各地の臨時列車牽引に活躍中です。

【各製品説明】
No.71030:東北タイプ『はつかり』牽引機
仙台機関区、青森機関区に配置され、東北初の特急『はつかり』などの牽引に活躍したグループです。スノープローを装備していますが、C61形の最もオリジナルに近い姿をしています。

No.71031:東北タイプ『はくつる』牽引機
『はつかり』牽引機よりもやや後の時代の、仙台機関区、青森機関区配置機のグループです。『はつかり』牽引機仕様をベースに、シールドビーム副灯やATS 関連の装備、テンダー増炭囲い、テンダー後部主灯が追加されています。

No.71032:九州タイプ『はやぶさ』牽引機
九州の鹿児島機関区に配置され、寝台特急『はやぶさ』をはじめとする鹿児島本線の客車列車牽引に活躍したグループのATS 装着後の姿です。スノープローや旋回窓などの耐寒装備は非装備です。また、テンダーには九州タイプの増炭囲いを装備し、後部標識灯は埋め込み式となっています。

No.71033:九州晩年タイプ( 宮崎機関区)
1971 年(昭和46 年)に、青森機関区から宮崎機関区に転配されたC61形最後の現役組のグループです。東北時代の名残の旋回窓は残っていますが、副灯は撤去されて、台座のみが残っています。スノープローは非装備としています。

No.71034:2 号機 梅小路保存機タイプ
梅小路蒸気機関車館(現・京都鉄道博物館)で動態保存機として、今でも親しまれている2号機です。青森機関区から宮崎機関区へ転配された1 年後の1972 年(昭和47年)に鹿児島工場で全検を受け、動態保存を目的として梅小路機関区に転配されました。『SL白鷺号』を牽引した入館当初の姿です。

No.71035:20号機JR東日本タイプ
1973 年(昭和48 年)、宮崎機関区を最後に廃車後、群馬県で静態保存されてきた20 号機の、2011 年(平成23 年)車籍復活後の姿です。僚機のD51 498 号機と同様に、ATS 発電機が大型化されているほか、テンダー上面後部には重油タンクを装備したJR 東日本仕様となっています。

模型仕様
曲線最小通過半径550 ㎜。
カンタム・システム™搭載。
前照灯・尾灯・キャブライトはLED により点灯。
DCC(デジタル・コマンド・コントロール)対応。
工場出荷時の呼び出しアドレスは【03】に設定されています。
※ この製品に市販のDCC デコーダを載せることはできません。
音源協力:JR 西日本

付属パーツ
品番 付属パーツ
71030 回転火粉止(2種)、ヘッドマークベース、タブレットキャッチャー、フロントステップ、カプラーポケット塞ぎ板、検査標記インレタ、区名札シール
71031 回転火粉止(2種)、ヘッドマークベース、タブレットキャッチャー、フロントステップ、カプラーポケット塞ぎ板、検査標記インレタ、区名札シール
71032 ヘッドマークベース、タブレットキャッチャー、検査標記インレタ
71033 ヘッドマークベース、タブレットキャッチャー、検査標記インレタ、区名札シール
71034 ヘッドマークベース、タブレットキャッチャー、区名札シール
71035 ヘッドマークベース、ヘッドマークステー、カプラーポケット塞ぎ板、区名札シール
付属ナンバー
品番 付属ナンバー
71030 8、11、15、25
71031 6、21、24、28
71032 12、14、31、33
71033 18、19、24、28
71034 2
71035 20

製品種類
品番 製品名 価格
71030 東北タイプ『はつかり』牽引機 ¥86,000(+税)
71031 東北タイプ『はくつる』牽引機 ¥86,000(+税)
71032 九州タイプ『はやぶさ』牽引機 ¥86,000(+税)
71033 九州晩年タイプ(宮崎機関区) ¥86,000(+税)
71034 2号機 梅小路保存機タイプ ¥86,000(+税)
71035 20号機 JR東日本タイプ ¥86,000(+税)

本製品に搭載されているQSIカンタム・システム™は、従来のパワーパック(※)で走行音や汽笛等のリアルな サウンドをお楽しみいただけます。
走行中の音はもちろん、停車中の様々な補機類の音も再現されます。
パワーパックの進行方向切り換えスイッチ(逆転スイッチ)の操作により、汽笛やATS 警報音を任意の場所にて任意の長さで鳴らすことが出来ます。
また、別売の専用多機能コントローラー『カンタム・エンジニアS™』を使用することで、更に様々なリアルサウンドの再現やギミックの操作が可能です。
『カンタム・エンジニアS™ 』をご使用になる場合は、『カンタム・エンジニアS™』の取扱説明書も併せて、よくお読みください。

『カンタム・エンジニア™』には2006年仕様(絶版品)と2014年仕様(現行品)があり、後者の製品名は『カンタム・エンジニアS™』ですが、
運転/操作は新旧間で同一です。

(※)使用可能なパワーパック
*カンタム・システム™の電源には、一般的な直流HO用パワーパックをお使いください。
 交流(A.C.)用(メルクリン用等)は、お使いになれません。
*サイリスタ方式や常点灯機能付き等の、高周波信号を出力するパワーパックは、カンタム・システム™に適さないものもあり、動作を保証するものではありません。
 パワーパックは当社製『TS-1』等を推奨します。
*自動加減速装置が付いているパワーパック(当社製『TR-1』等)は、自動加減速装置をOFFにしてください。
*当社製『SL-1』は、POWERとDIRECTION、THROTTLE以外は一切お使いにならないでください。
 MAIN VOLUMEとEXHAUST VOLUME、TONE、CUTOFF、HISS、WHISTLEはMIN、またはLOWに設定してください。
 WHISTLEレバーには、触れないでください。
*折り返し運転制御装置は、お使いになれません。

PAGETOP
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報について
  • 法規に基づく表記 
  • サイトマップ
日本鉄道模型連合会 会員 copyright© TENSHODO all rights reserved.