GINZA TENSHODO SINCE 1979 MODEL TRAIN

 
模型サイト 製品情報 天賞堂オリジナル プラスティック製 旧型特急客車シリーズ プラスティック製

旧型特急客車シリーズ プラスティック製

特急「つばめ」 ぶどう色1号
基本4輛セット
(品番:57019)

価格
¥35,000+税
お問い合わせはこちら
お問い合わせ

スハ44「つばめ」 増結用
(品番:57020)

価格
¥7,200+税
お問い合わせはこちら
お問い合わせ

スロ60「つばめ」 増結用
(品番:57021)

価格
¥7,200+税
お問い合わせはこちら
お問い合わせ

特急「はと」ぶどう色1号
基本4輛セット
(品番:57022)

価格
¥37,000+税
お問い合わせはこちら
お問い合わせ

スハ44 ぶどう色1号(増結用)
(品番:57023)

価格
¥7,500+税
お問い合わせはこちら
お問い合わせ

スロ60 ぶどう色1号(増結用)
(品番:57024)

価格
¥7,500+税
お問い合わせはこちら
お問い合わせ

特急「はと」 青大将
基本4輛セット
(品番:57028)

価格
¥37,000+税
お問い合わせはこちら
お問い合わせ

スハ44「はと」(青大将)増結用
(品番:57029)

価格
¥7,500+税
お問い合わせはこちら
お問い合わせ

ナロ10「はと」(青大将)増結用
(品番:57030)

価格
¥7,500+税
お問い合わせはこちら
お問い合わせ

特急はつかり客車
8両セット
(品番:57031)

価格
¥73,000+税
お問い合わせはこちら
お問い合わせ

商品説明

太平洋戦争で消滅していた特急列車が昭和24年から運転が再開されました。当初、「へいわ」という列車名で運転され、車輌も寄せ集 めのものでしたが、翌年には「つばめ」への改称、姉妹列車「はと」の新設、特別2等車・スロ60の組み込みが行われ、昭和26年からはスハ44、スハニ 35、マシ35、マシ36が加わりました。サービス面では、当時あこがれの職業とも言われた「つばめガール」「はとガール」が乗務し、「特別急行列車 」の名に恥じない、華やかな列車となっていきました。「つばめ」は宮原操車場が、「はと」は品川客車区が受け持っていました。
今回、ぶどう色1号の「つばめ」、「はと」の基本4両セット、青大将色の「つばめ」「はと」の基本4輌セットに、各列車のの増結用としてスハ44、ス ロ60(ナロ10)をご用意致しました。

【スハニ35】
昭和26年より製造された荷物室付き3等車です。テーブル付きの座席は一方向きの固定座席になっていました。窓配列はスハ44に準じた配列 になっており、荷物室には乗客の手荷物を収容するための棚が設けられていました。定員48名
【スハ44】
昭和26年より製造された3等車です。テーブル付きの座席は一方向きの固定座席になっていました。出入口を片側だけにして客室面積を広めて います。定員80名
【スロ60】
昭和25年より木造車の鋼体化改造名目で製造された2等車です。足掛付リクライニングシートを装備し、当初は1等車として計画されていまし たが、進駐軍の意向により2等車として落成しました。従来の2等車とは居住性が大きく異なるため、「特別2等車(通称特ロ)」とされました。客室窓 は1000mm幅の広窓で、トイレは車輌の前後2箇所にあります。台車は2軸ながら乗り心地の良い鋳鋼枠ウィングバネ式台車のTR40です。1等車として落成 予定だったため冷房取付準備工事がなされていました。登場後まもなく6輌(13-18)に荷物保管室を車掌室へと改造する工事が行われ100番代(元番号 +100)となっています。定員44名。
【ナロ10】
昭和32年より製造された、10系軽量客車の2等車です。定員48名。
【マシ35】
昭和26年より製造された食堂車です。後年マシ36から編入された車輌(10番代)もいましたが、外観上の差異はあまりありません。冷房装置 の搭載などにより床下スペースが不足し、食堂車として初めて2軸ボギー台車を履きました。車体は窓枠等にも一切木材を使わない全金属製で、日除け にはベネシアンブラインドを採用し、近代的な内装となっています。食堂定員30名
【オシ17】
昭和31年より製造された、10系軽量客車の食堂車です。台枠こそ戦前の客車のものを流用していますが、車体は裾を絞った幅広の軽量車体を 新製しています。車体幅の拡張により食堂定員が国鉄食堂車で初めて40名になりました。
【マイテ39 1】
昭和5年に特急「富士」用として製造された展望車スイテ37010が前身です。マイテ39は1、11、21と3輌存在しましたが、主に「つばめ」 で使用されたのは1と21でした。このうち1は戦後に使用が再開される際、桃山式と呼ばれた純和風の内装から洋風のものになり窓配置も変更されてい ます。(21は落成時より洋風)車体側面の白帯は1等車のシンボルでしたが、戦後は進駐軍専用車に譲り、薄いクリーム色の帯に代わりました。定員14 名、展望室10名
【マイテ58 2】
大正12年に特急「かもめ」用として製造された展望車オイテ27000が前身です。展望室は洋風のデザインを採用しています。戦後は連合軍 に接収されますが、その後返還され形式名がマイテ58に変わっています。

マイテ39、スハニ35形のa行先シール取付位置は以下をご参照ください。
マイテ39・ス ハニ35行先サボシール貼付位置

模型仕様
展望車のテールマーク行燈、尾灯点灯
基本セットは号車札、標記類印刷済み
増結用客車には車番インレタが付属
方向板・号車札シール、室内灯別売→商 品の詳細はこちら
最小通過半径:550mm(展望車が機関車次位の場合670mm)
ケーディーカプラーとの連結が可能
(ケーディーカプラーへの交換も可能です。)
セット内容一覧
品番 製品名 セット内容
57019 「つばめ」ぶどう1号
4輌セット
スハニ35+スロ60 100
+マシ35+マイテ39 1
57022 「はと」ぶどう1号
4輌セット
スハニ35 4+マシ35 1
+スロ60 118+マイテ58 1
57028 「はと」青大将
4輌セット
スハニ35+ナロ10
+オシ17+マイテ58 2
57031 「はつかり」
8輌セット
スハニ35 9+スハ44 27
+スハ44 26+スハ44 30
+オシ17 11+ナロ10 31
+ナロ10 32+スハフ43 2
製品種類
品番 製品名 価格
57019 特急「つばめ」ぶどう色1号
基本4輌セット
¥35,000 +税
57020 スハ44形
「つばめ」ぶどう色1号 用
¥7,200+税
57021 スロ60形
「つばめ」ぶどう色1号 用
¥7,200+税
57022 特急「はと」ぶどう色1号
基本4輌セット
¥37,000 +税
57023 スハ44形
「はと」ぶどう色1号 用
¥7,500+税
57024 スロ60形
「はと」ぶどう色1号 用
¥7,500+税
57028 特急「はと」青大将
基本4輌セット
¥37,000 +税
57029 スハ44形
「はと」青大将 用
¥7,500+税
57030 ナロ10形
「はと」青大将 用
¥7,500+税
57031 特急「はつかり」8輌セット ¥73,000 +税

 

PAGETOP
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報について
  • 法規に基づく表記 
  • サイトマップ
日本鉄道模型連合会 会員 copyright© TENSHODO all rights reserved.