GINZA TENSHODO SINCE 1979 MODEL TRAIN

 

181系特急形電車 山陽タイプ 11輌セット プラスティック製

山陽タイプ 11輌セット
(品番55043)

価格
¥210,000 +税
お問い合わせ・ご購入はこちら
Online Storeへ お問い合わせ

商品説明

~実車解説~
 181系直流特急形電車は、151系と161系の改造によって1964年(昭和39年)に誕生した、『こだま』形の流れを汲む電車です。
主電動機の交換やギア比変更による出力アップ、抑速ブレーキの装備等、勾配線区での運転に対応させています。

 向日町運転所所属の181系化改造は、1965年(昭和40年)から1966年(昭和41年)にかけて行われ、151系を用いて運転が開始されていた、新大阪~下関の『しおじ』、新大阪~広島の『しおかぜ』、大阪~宇野の『うずしお』、新大阪~宇野の『ゆうなぎ』に順次投入されていきます。
出力アップによって、連続勾配区間の山陽本線瀬野→八本松を自力で走破できるようになり、151系時代に必要としていた補機の連結も中止されました。

 改造後間もない1966年(昭和41年)11月頃から、利用率が低迷していたパーラーカーのクロ181を、1・2等合造車のクロハ181に改造する工事が行われました。
乗務員室寄りの区分室はそのままに、乗降デッキより後ろの開放室のシートを、1人掛けから2等車同等の2人掛けへと変更しています。
この改造は向日町運転所に所属していた10輌の内、11・12を除いた8輌に行われ、クロ181のまま残った11・12は、主に『うずしお』『ゆうなぎ』に使用されました。

 1968年(昭和43年)10月、ヨンサントオと呼ばれる白紙ダイヤ改正を迎え、この改正で4系統あった181系を使用する山陽特急も、『しおかぜ』は『しおじ』に、『ゆうなぎ』は『うずしお』にそれぞれ吸収され、新大阪~広島・下関の『しおじ』、新大阪・大阪~宇野の『うずしお』の2系統に統合されていきます。
同時に2輌残されていたクロ181の連結も無くなり、全列車にクロハ181が連結されるようになります。また、この頃には編成中2輌連結されていたサハ180の組成変更も行われました。

 向日町運転所所属の181系は、甲信越の181系と異なって上部前照灯を残し、スカートが長く、ボンネットに赤帯(ヒゲ)も巻かなかったため、151系時代の面影を色濃く残していましたが、先頭車ヘッドマークの回転幕化、モハシ180のモハ180化改造等、様々な変化をしながら走り続け、徐々に行われる他形式への置き換えを見届けながら、最後の舞台である甲信越へと再び旅立っていきました。

 製品はクロハ181が登場した1966年(昭和41年)頃から、サハ180の連結位置が変更された1968年(昭和43年)を経て、1969年(昭和44年)5月のモノクラス制移行前までをプロトタイプとしています。

模型仕様
コアレスモーター搭載
・クロハ181形、モハシ180形を組み込んだ1966年(昭和41年)~1969年(昭和44年)頃の編成
・イコライジング機構付台車。線路への追随性向上。
・中間の連結器は密連形TNカプラーを採用。
・動力車および先頭車にはDCCデコーダー用8pinジャック装備。
※デコーダーの動作については保証いたしかねます。
・ヘッドマークはカット済みシール。
『しおじ』『しおかぜ』『うずしお』『ゆうなぎ』『はと』が付属。
添付部品
金属インレタx4、サイドミラーx4、ヘッドマークシールx1、ヘッドマークベースx4、ヘッドマークフレームx4、等級表示プレートセットx3、車号プレートセット長x1・短x2、チャンピオンマークx2
セット内容
品番 製品名
55043 山陽タイプ 11輌セット
[クロハ181・モロ181M・モロ180・クハ181]
[サシ181・モハシ180・モハ181M・サハ180]
[サハ180・モハ180・モハ181-10M]
製品種類
品番 製品名 価格
55043 山陽タイプ 11輌セット ¥210,000+税
PAGETOP
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報について
  • 法規に基づく表記 
  • サイトマップ
日本鉄道模型連合会 会員 copyright© TENSHODO all rights reserved.