GINZA TENSHODO SINCE 1979 MODEL TRAIN

 

EF57形 プラスティック製

上越/東北タイプ(SG仕様)
(品番52026)

価格
¥36,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
Online Storeへお問い合わせ

東北タイプ(EG仕様)
(品番52027)

価格
¥36,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
Online Storeへお問い合わせ

東北タイプ(EG仕様)デッキ補強有
(品番52028)

価格
¥36,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
Online Storeへお問い合わせ

東北タイプ(EG仕様)白Hゴム
(品番52029)

価格
¥36,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
Online Storeへお問い合わせ

商品説明

EF57形は、昭和15年から18年にかけて製造された旅客用電気機関車です。1号機はEF56形後期車と同型の車体でしたが、2号機からはパンタグラフの架線押し上げ対策などの理由で車端分ぎりぎりの位置に、暖房用蒸気発生装置(SG)の煙突と干渉しないよう高く取付られています。戦後、電化区間の延伸によりパンタグラフ高さを抑える必要が生じたため、さらに前方へ移動してパンタグラフ台が屋根から張り出したことでより個性的なスタイルになりました。東海道本線全線が電化された後は高崎第二機関区、長岡第二機関区に転属し、つらら切り、汽笛カバー、スノープローなどが取り付けられました。また、高崎第二機関区所属の一部車輌にはデッキに列車番号標識が取り付けられました。
昭和35年から36年にかけて全車が宇都宮機関区に移動し、昭和40年からは電気暖房(EG)化により、屋上の煙突をガーランドベンチレーターに変更、KE-3ジャンパ栓の追加、EG用車側灯の追加などの改造を受けています。EF57形は夜行列車のほとんどを牽引しましたが、EG設備が不要な20系寝台特急「はくつる」だけはEF58形が牽引を担いました。
昭和50年代になると廃車が進行し、20系急行「新星」や14系座席車による臨時特急「はくつる51号」の牽引を花道に昭和53年に全機廃車となりました。

模型仕様
ヘッドライト、テールライト点灯(LED)DCCデコーダー搭載可能
最小通過曲線半径:550mm
付属パーツ 品番52026以外:カプラーポケット蓋、エッチングナンバー/メーカーズプレート、標記類インレタ
付属パーツ 品番52026:エッチングナンバー/メーカーズプレート、標記類インレタ、汽笛カバー、SGボイラー煙突(筒形)、SGボイラー煙突本体(ジョウゴ型)、SGボイラー煙突カバー(ジョウゴ型用)、LA12避雷器(角形)、LA13避雷器本体、LA13避雷器用台座(傾斜部取付用)、LA13避雷器用台座(平面部取付用)、列車番号標識本体、列車番号標識用台座、スノープロー、カプラーナックル(解放アームなし)、区名札シール
製品種類
品番 製品名 添付ナンバー
52026 上越/東北タイプ(SG仕様) 4、6、7、14
52027 東北タイプ(EG仕様) 2、4、6、10
52028 東北タイプ(EG仕様)
デッキ補強有
8、9、11、13
52029 東北タイプ(EG仕様)
白Hゴム
8、9、11、13
PAGETOP
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報について
  • 法規に基づく表記 
  • サイトマップ
日本鉄道模型連合会 会員 copyright© TENSHODO all rights reserved.