GINZA TENSHODO SINCE 1979 MODEL TRAIN

 

C62形 Zゲージ プラスティック製

山陽タイプ

(品番81109)

価格
¥11,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
Online Storeへお問い合わせ

2号機 北海道タイプ

(品番81110)

価格
¥11,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
Online Storeへお問い合わせ

3号機 北海道タイプ

(品番81111)

価格
¥11,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
Online Storeへお問い合わせ

15号機 北海道タイプ

(品番81112)

価格
¥11,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
Online Storeへお問い合わせ

16号機 北海道タイプ

(品番81113)

価格
¥11,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
Online Storeへお問い合わせ

2号機 梅小路タイプ

(品番81114)

価格
¥11,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
お問い合わせ

3号機 JR北海道タイプ

(品番81115)

価格
¥11,000+税
お問い合わせ・ご購入はこちら
Online Storeへお問い合わせ

商品説明

戦後の旅客用蒸気機関車不足を最小限の予算で解消するために、余剰となった日本で最大の貨物用蒸気機関車・D52のボイラーなどを利用して製造されたのが最大級の急行列車用蒸気機関車・C62形です。

昭和23年から24年にかけて49両が製造され、東海道本線、山陽本線、東北本線、常磐線の主役となりました。特に、特急「つばめ」「はと」「はつかり」ではヘッドマークを掲げて運転したので、その牽引機関車はまさに国鉄の花形役者的存在でした。

昭和31年11月に東海道本線の全線電化が完成し、一部の機関車が北海道に渡りました。小樽-長万部の勾配区間では重連で急行「まりも」「ていね(ニセコ)」を牽引し、特に2号機はツバメのマークを残していたため、ファンの人気の的でした。

C62形は昭和46年までにすべて運用から退きましたが、2号機は梅小路蒸気機関車館内で「SLスチーム号」を牽引しています。また、3号機は昭和63年から平成7年まで、小樽-倶知安間で「C62ニセコ号」として運転されました。



【製品の特徴】・Nゲージに比べ面積比50%という省スペース(実物同様の編成が小さいスペースで走行可能)

・これまでの弊社製品ノウハウを活かしたリアルな外観

・起動時から滑らかに走行 ・高い牽引力(弊社客車8輌程度:平坦走行時)

・前照灯点灯(LED使用)




※JR北海道商品化許諾済・JR西日本商品化許諾済

材質
車体:ABS、ダイキャスト
ロッド:ステンレス
台車枠:POM
車輌サイズ
全長105mm、高さ19mm、幅13mm
走行可能最小半径
195mm
対象年齢
14歳以上
最大許容電圧
直流12V (常用0~10V)
製品種類
品番 製品名 価格
81110 2号機北海道タイプ ¥11,000(+税)
81111 3号機北海道タイプ ¥11,000(+税)
81112 15号機北海道タイプ ¥11,000(+税)
81114 2号機梅小路タイプ ¥11,000(+税)
81115 3号機JR北海道タイプ ¥11,000(+税)
PAGETOP
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報について
  • 法規に基づく表記 
  • サイトマップ
日本鉄道模型連合会 会員 copyright© TENSHODO all rights reserved.