GINZA TENSHODO SINCE 1979 MODEL TRAIN

 

ED71形 真鍮製

 1959年(昭和34年)から1963年(昭和38年)までに55輌が製造された交流電気機関車。
全機福島第二機関区に配置、東北本線の黒磯~小牛田間を主として運用されました。
 1964年(昭和39年)にはブルートレイン『はくつる』を牽引。
金谷川~白石間では重連で貨物列車の仕業に当たりました。
 3輌の試作機を経て登場した量産型は、44号機までの1次型と45号機以降の2次型に大別されます。
 1次型と2次型では、駆動方式の違いにより台車の軸間距離が異なり、車体も特に側面の割付が大幅に変更されています。


※試作品画像を公開しました。(2017年11月28日ページ更新)

☆未塗装試作品画像

●ED71形 1次型『はくつる』牽引時代【品番:12112】
※画像は未塗装の試作品のものです。発売される製品は塗装済みの完成品となります。

予定している製品の種類
品番 種類
12112 1次型『はくつる』牽引時代
12113 1次型 中期タイプ
12114 2次型『はくつる』牽引時代
12115 2次型 中期タイプ
製品仕様
・真鍮製ハイグレードモデル完成品
・天賞堂では初の模型製品化。
・新開発のギヤシステムを採用。より低速から安定した走行を実現。
・1次型と2次型の差異は、それぞれ専用パーツを用いて細部に至るまで的確に再現。
・中期タイプは1970年代、シリコン整流器化した車輌がプロトタイプ。前照灯は白熱灯1灯。
・『はくつる』牽引時代と中期タイプでは、前面手すりや屋上機器、車輪形状、通風口の有無等が異なります。

発売予定時期・予価
発売時期:2018年初夏
価格:未定
※発売予定時期や発売予定価格は予告なく変更になる場合がございます。
ご予約受付中 発売予定天賞堂製品予約受付情報はコチラ
PAGETOP
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報について
  • 法規に基づく表記 
  • サイトマップ
日本鉄道模型連合会 会員 copyright© TENSHODO all rights reserved.