GINZA TENSHODO SINCE 1979 WATCH

After Care 技術部顧問 唐牛 茂(かろうじ しげる)

時計のアフターケアサービスについて

16才で、天賞堂へ修行に。それは、時計店を開業した父と同じ道。

入社した経緯は、実はね、父親が天賞堂の技術部で働いていたんです。時計修理の修行を終えると、故郷の秋田で開業しまして。そう、私は時計屋のせがれ。でもって、父は私に店を継がせたかったのでしょう。ひとこと「天賞堂へ行け」と…。素直に従いました。父親の背中を見て育ったし、兄妹で男は私一人だったしね。いずれは時計職人になるんだと、早くから覚悟は決めていました。
入社したのは、昭和27年。最初に配属されたのは、営業部でした。営業といっても、16才の小僧だから、もっぱら雑用です。置き時計を風呂敷に包んで大きなお屋敷へ配達に行ったり、売場の裏で包装したり。そうそう、当時はオートレースが盛んで、優勝トロフィーを船橋や川口のレース場までよく運んだなぁ。移動手段は、遠方は電車、23区内は自転車。銀座4丁目の交差点を米軍のMPが交通整理していたし、晴海通りは都電が盛んに行き交っていた時代だから、今みたいにスイスイ移動はできない。雨風の中、地図片手にうろうろ歩き回ってね。でも、楽しかったですよ。社員の多くは、父の顔見知り。私を「かろうじのボン」ってかわいがってくれましたから。
そのいっぽうで、内心は焦りを感じてました。だって、父は私を時計職人にすべく、天賞堂へ送りだしたはず。でも、時計は触れない、お使いばかり…。「栓ない」とぼやく同僚もいて、よけい焦りが募ってきてね。1年たったころかな、意を決して上司に直訴しました。「技術部で働かせてください!」。すると、翌日には「じゃあ、来月からね」という返事。あっさりとしたもんですよ。純朴な少年にとっては、心臓が飛び出そうなくらいの蛮勇だったのにね(笑)。

尊敬できる師匠が傍らにいた。時計がますます好きになった。

念願の時計職人への道が拓けた。ところが、新入りには何もさせてもらえません。ただ3人の先輩の仕事ぶりを見ているだけ。そうです、日がな一日、職人の技を見学しているだけ。で、1ヶ月たったある日、歳の近い先輩が「これを分解してみな」と練習用の古時計を差し出してくれて…。しばらくは、それを何度もばらしては組み立てる毎日でした。
実は、私たちにはマニュアルがないんです。とにかく実物を触って覚えるのみ。製造された国によって構造が微妙に違うし、同じメーカーでも機種によって独自性がある。だから、習うより慣れろなんですよ。5年間は掛け時計や置き時計といった、いわゆる「大物」を担当。スキルの土台は、この時期にたたき込まれました。
でね、幸運だったのは、天賞堂には厳格な徒弟制度がなかったこと。ほら、職人の世界ってどこでも上下関係のしきたりがあるでしょ。ところが、天賞堂には、それがない。実にアットホーム。現に一度も怒鳴られたことがないし、私自身、若手を説教したことがない。こんな環境だから、のびのびと修業に打込めてね。特に当時の室長は、すこぶる穏やかな方で。おぼこい私をつかまえて、いつも諭すように助言してくれるんです。
「いいか。覚えたことは全部、頭の引き出しにしまえ。蓄えて、整理しろ。次に、その引き出しからピタリとはまる知識と技を取りだせばいい」。
この室長の教えを守ると、自分でもびっくりするほど引き出しの中身が増えてね。二十歳を過ぎたころ、腕時計担当に起用されるまでになりました。
そして20代後半。腕試しとして時計修理技術大会に挑戦し、準優勝します。口数の少ない室長も、このときばかりは手放しで褒めてくれてね。成績も嬉しかったけど、「この人と出会えてよかった」という思いのほうが強かったな。

「こだわり」を持たない。常に勉強。それでこそ、本物の時計職人。

実はこだわりは、ありません。我々職人は、こだわっちゃダメ。自信過剰も禁物。知らないことは素直にたずねる、自らも調べる、勉強する。この謙虚な心構えが肝心なんです。
「唐牛の手にかかれば、動かなくなった時計のほとんどが再び動き出す」って、誉めそやす人もいるけどさ。「ほとんど」直るであって「全部」直るわけじゃない。今、月に150件の修理やオーバーホールを担当するでしょ。そのうち、1~2件は「再修理」の指示をいただく。すると申し訳ない気持ちでいっぱいで、寝ても覚めても、その時計のことが頭をよぎるんです。「歯車の欠損か? 竜頭のズレか?」。故障の原因が特定できないもんだから、通勤電車の中でも、帰宅後の湯船の中でも、今までに蓄えた「引きだしの中身」を幾度となく引っかき回すんです。
再修理を「ゼロ」に。これぞ、時計職人の極み。その頂を目指し、我々はマラソンランナーのごとく黙々と時計と向き合います。この辛さに耐えられなきゃ、お客様の信用を得ることはできませんよ。
今後の夢といったら「頭と手が動くかぎり、現役でいること」、これぐらいしか思い浮かばないなぁ。だから「生涯修行中」でいたいですね。そういう意味では、定年後もこうして仕事を任せてくれる会社には、本当に感謝しますし、幸せ者だと思います。

「天賞堂の匠」の象徴であり、時計修理界の第一人者。キャリアは50年を超える。趣味は、夏山の登山。夏休みには必ず、奥様とともに北アルプスの山へ。次の長期休暇には、スイス・ビエンヌのオメガ博物館への視察を計画中。もちろん、後学のためである。

関連コンテンツ

  • Recommend Item
  • 天賞堂オリジナルウォッチの全貌
  • TENSHODO Style
  • Aftercare
PAGETOP
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報について
  • ご利用規約
  • サイトマップ
copyright© TENSHODO all rights reserved.