GINZA TENSHODO SINCE 1979 MODEL TRAIN

 

EF18形 33号機

33号機

発売日
2008年7月
価格
¥122,000+税

商品説明

EF18形電気機関車
1946(昭和21)年から1958(昭和33)年までに製造されたEF58形は当初共通設計のEF15形と同様のデッキ付箱型車体で登場しました。
これは、戦後の資材不足等の問題から出来るだけ共通部品を使用することを念頭に置いたものでした。35号機より列車暖房装置を搭載するため流線形車体に設計変更が行なわれました。
このため32~35号機は、貨物用機関車に振り分けられこととなり歯車比をEF15形と同じものに取替えてEF18形が誕生しました。
デッキタイプで登場したEF58形は、全て流線形車体に載せかえられたため、デッキ付EF58形の面影を残すのはEF18形のみとなりました。
しかし、デッキ付EF58形は実用一点張りの機関車に比べEF18形は側面窓の数を増やし、屋根には明り取り用のモニターを取り付け、運転席前面に通風口が設けられました。
但し、細長いデッキは変わらずこの機関車の魅力は受け続きました。
この機関車の活躍の場は東海道線の静岡を中心とし、貨物輸送に従事していました。
今回は、1970年代後半(昭和50年代)頃の33号機を模型化いたしました。

模型仕様
フライホイル付コパルモーター、一体型ギヤボックス使用、前照灯(イルミネライト)12V電球点灯、運転室正面ヒサシ付、ワイパー上側取付  標識灯外付け型、避雷器LA15カバー無

関連コンテンツ

  • TENSHODO Style
  • 天賞堂製品ミュージアム
  • エバーグリーンショップ在庫情報
  • いちかわのWorld Railroad
  • 天賞堂コンシェルジュ
  • 天賞堂製品取扱店リスト
PAGETOP
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報について
  • 法規に基づく表記 
  • サイトマップ
日本鉄道模型連合会 会員 copyright© TENSHODO all rights reserved.