GINZA TENSHODO SINCE 1979 MODEL TRAIN

 

EF57形 東北型EG 避雷LA15形

東北型EG 避雷LA15形

発売日
2009年10月
価格
¥120,000+税

商品説明

EF57形は、EF56形二次タイプの主電動機を変更して出力を増強したものです。増備にあたっては主電動機の出力はもとより、EF56形の中央寄りに設置されたパンタグラフの架線への悪影響や、暖房装置等からの発熱による問題点を考慮した車輌が考えられました。
1号機は設計が間に合わなかったため外観はEF56形の二次タイプと変わらない車体が使用されました。しかし2号機以降はEF57形を特徴づけたパンタグラフの前方への設置、室内での発熱の対策としてフィルターよろい戸、及び屋根上ベンチレーターの増設等を施した新設計車体に変更されました。
この機関車は当初、東海道本線の沼津機関区で東京~浜松間の特急『つばめ』『はと』等の客車列車牽引に従事していました。東海道全線電化に伴い1956(昭和31)年に上越線へ移籍、1960(昭和35)年には東北本線へ転出になりました。
東北本線の交直流切換区間での機関車交換において、蒸気暖房装置搭載機関車では室内暖房の低下を招くことから蒸気暖房から電気暖房への改造が行われました。1965(昭和40)年、宇都宮機関区在籍のEF57形も電気暖房化することになり外観的にも屋根上の煙突がガーランドベンチレーターに、側面には電暖表示灯が設置されるなど大幅な変更となりました。
1975(昭和50)年以降、振動が大きく乗り心地が悪いEF57形は、徐々に増えつつあるEF58形に運用が移るようになりましたが、突き出たパンタグラフを持ったEF57形には熱烈なファンも多く存在しておりました。
今回は電気暖房改造後をプロトタイプに選び模型化いたしました。

模型仕様
フライホイル付コパルモーター、前照灯(イルミネ)8V電球にて点灯
パンタグラフPS14軽量タイプ(銀色)、スノープロー座ロストワックス製
ボイラー室屋根及び補機室屋根ロストワックス新製

関連コンテンツ

  • TENSHODO Style
  • 天賞堂製品ミュージアム
  • エバーグリーンショップ在庫情報
  • いちかわのWorld Railroad
  • 天賞堂コンシェルジュ
  • 天賞堂製品取扱店リスト
PAGETOP
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 個人情報について
  • 法規に基づく表記 
  • サイトマップ
日本鉄道模型連合会 会員 copyright© TENSHODO all rights reserved.